くらしのタスケ くらしのタスケ

ハウス
クリーニング

ハウスクリーニング

風呂釜のタイプ別洗浄方法!プロに掃除を任せるメリットも解説!

目次

浴室の床、鏡、浴槽などは頻繁に掃除していても、風呂釜(ふろがま)洗浄まで手が回っている方は意外と少ないのではないでしょうか?
しかし、風呂釜の洗浄をサボっていると大きなトラブルの原因となるかもしれません。

風呂釜にはいくつかのタイプがあり、それぞれ洗浄方法も異なります。そこで今回は、風呂釜のタイプ別の洗浄方法をご紹介します。
自分できれいに掃除したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

併せて、プロの業者にお任せするメリットについてもご説明するので、参考になれば幸いです。

風呂釜の汚れる原因や仕組みとは?

風呂釜には、どうして汚れが付いてしまうのでしょうか。
風呂釜が汚れる原因や仕組みについて、詳しく見ていきます。

風呂釜の汚れる原因とは?

そもそも風呂釜とは、お湯が冷めたあとに「追い焚き」を行う装置のことです。
追い焚きを行う際には、水とともに風呂釜に汚れが吸い込まれます。
そのため、風呂釜には皮脂汚れ・垢・入浴剤の汚れなどがたまってしまうのです。

追い焚きの回数が多いご家庭の場合、風呂釜の汚れがよりたまりやすいでしょう。

家族が大勢いると、全員が同じ時間帯に入浴するとは限りません。
誰かが入浴したあと、冷めたお湯を再加熱することで皮脂汚れや垢などが吸い込まれ、
風呂釜に汚れが蓄積されます。そして、その結果雑菌が繁殖し、汚れや悪臭の原因となってしまうのです。

風呂釜の仕組みは2タイプ

風呂釜には、1つ穴・2つ穴の2タイプがあります。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

1つ穴

水の吸い込み口・吐き出し口が共通しており、ポンプを利用して、強制的に給水管に水を循環させる仕組みです。
ポンプの力で強く水を吐き出すため、水の循環スピードが速いことが特徴。最近の住居には、多くの場合1つ穴タイプが採用されています。

2つ穴

下の穴でお湯を吸い込み、上の穴でお湯を吐き出す仕組みです。ポンプがなく、自然に水を循環させられますが、
水の循環スピードが遅いというデメリットがあります。

風呂釜を洗浄する頻度

風呂釜の理想的な洗浄頻度は、1つ穴タイプと2つ穴タイプで異なります。
それぞれの洗浄頻度について、見ていきましょう。

1つ穴タイプの洗浄頻度は?

1つ穴タイプは汚れが付着しにくく、洗浄頻度は2カ月に1回が目安とされています。

ただし、これはあくまでも目安です。吐き出された水が臭う・白く濁っているなど気になる点があれば、
その都度洗浄するようにしてください。

2つ穴タイプの洗浄頻度は?

2つ穴タイプは1つ穴タイプに比べて汚れが付着しやすいことから、洗浄頻度は1カ月に1回が目安とされています。
こちらの洗浄頻度も、あくまでも目安です。

「家族が多くて1日に何度も追い焚きをする」「汚れの付きやすい育ち盛りの子どもがいる」などの場合は、
洗浄頻度を増やしたほうがよいでしょう。

2つのタイプの風呂釜洗浄方法

1つ穴と2つ穴では仕組みが異なるため、洗浄方法も変えることが大事です。
仕組みに合わせた、適切な洗浄方法を知りましょう。

1つ穴タイプの洗浄方法とは?
  1. 風呂釜の穴より5cmほど上まで水を張ります。このとき、水は残り湯を冷ましたものでもかまいませんが、入浴剤が入っていない
    残り湯にしてください。
  2. 水に風呂釜洗浄剤を溶かして40~50度で追い焚きをし、そのままフタをして2~3時間放置します。浴槽にフタをすることでお湯が
    保温され、洗浄効果もアップします。
  3. 再び追い焚きをしてから、お湯を排出します。
  4. 1と同じくらいの水を張って5分追い焚きします。
  5. 排水して洗浄完了です。
2つ穴タイプの洗浄方法とは?
  1. 下の穴を、タオルなどを使って塞ぎます。
  2. 上の穴に洗剤を入れて、お湯を注ぎ入れます。
  3. そのまま2時間ほど放置し、汚れを浮き上がらせます。
  4. 下の穴を塞いでいたタオルを外します。必ずゴム手袋を着けて行ってください。
  5. シャワーヘッドを上下の穴に当てて水を流し、風呂釜内部の汚れを洗い流せば洗浄完了です。

風呂釜の洗浄はプロの業者にお任せするのがおすすめ

定期的に掃除をしていても、風呂釜の頑固な汚れは落ちづらいものです。そんなときは、プロの業者に風呂釜洗浄をお任せしてみてはいかがでしょうか。

頑固な汚れを除去したいなら

プロの業者は、一般家庭にはないような機材や洗剤などを駆使して、洗浄・クリーニングを行います。
専門的な知識・機材を持っているお掃除のプロだからこそ、最適な方法でスピーディーに汚れを落とすことが可能なのです。

プロの業者にお任せする理由

プロの業者に風呂釜洗浄を依頼することで、確実にきれいにすることができます。自分でやろうとして失敗した場合、
掃除に使った時間や洗剤代なども無駄になってしまいます。

プロへの依頼はコストがかかると思われるかもしれませんが、時間や手間を考えると決してそうではありません。

また、一度プロの業者に洗浄してもらえば、その後のお手入れも楽になります。風呂釜だけでなく、
浴室全体や浴槽のエプロン内部の洗浄も依頼できることがある点も、メリットの一つでしょう。

まとめ

風呂釜には、知らない間に汚れが付着しています。特に家族が多いご家庭の場合、追い焚きの回数が必然的に増え、
皮脂・垢・入浴剤などによる汚れが蓄積されている可能性が高いです。

風呂釜洗浄は自分でもできますが、時間や手間のことを考えるとこまめに洗浄するのはなかなか難しいでしょう。
悪臭やお風呂を沸かした際の汚れなど、気になる点があれば一度お掃除のプロに洗浄やハウスクリーニングを依頼してみることをおすすめします。
プロにお任せすることで、洗浄がスピーディーにかつ確実にきれいにすることができます。

続けてお読みください

小田急くらしサポート 口コミ キッチン ハウスクリーニング vol.1