くらしのタスケ くらしのタスケ

ハウス
クリーニング

ハウスクリーニング

排水管の洗浄は自分でできる?場所ごとの掃除方法を紹介!

目次

「排水管の流れが悪い」「排水管から悪臭がする」「排水管を掃除したいけどやり方がわからない」など、排水管のトラブルでお悩みではありませんか?
水回りの掃除はこまめにやっているつもりでも、排水管まではなかなか手を出しづらいものです。

そこで今回は、自分でできる排水管の洗浄方法を場所ごとに分けて解説します。排水管の悪臭や詰まりでお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

排水管洗浄をしないとどうなる?

排水管は定期的な洗浄を心がけましょう。排水管の汚れを洗浄せずに放置していると、
さまざまなトラブルの原因となるからです。

具体的に、どのようなトラブルが起こるのか見ていきましょう。

悪臭や害虫、詰まりの原因になる

排水管を洗浄しないことで起こるトラブルとしては、悪臭や害虫、詰まりなどが挙げられます。

排水管には食べ物の残りカスや髪の毛、ホコリなど多くの汚れが毎日流れます。これらの汚れが絡まって塊になると、詰まったり悪臭を放ったり害虫が寄ってきたりするのです。

悪臭や詰まりを放っておくとどうなる?

悪臭や詰まりが起こった際、そのまま放置しておくと、水の流れが悪くなり逆流が起こる可能性もあります。
また、汚れがひどくなればなるほど、悪臭も強くなっていくでしょう。

汚れには多くの雑菌が繁殖するため、もちろん衛生的にも悪い影響があります。

排水管に付く汚れの種類

単に排水管の汚れといっても、場所によって付着する汚れの種類は異なります。
例えば、以下のような違いがあります。

キッチンの排水管に付く汚れ

キッチンのシンク下の排水管には、料理関係のゴミが毎日流れます。食べ残しや野菜のくずなどさまざまなゴミ・汚れが
ありますが、なかでも特に厄介なのが油汚れです。

油汚れは、排水管のなかで冷えて固まります。そして冷えて固まった油には、食べ物の残りカスが付着して塊となり、詰まりや悪臭の原因になってしまうのです。

油汚れを防ぐ一番の方法は、キッチンの排水管には油を直接流さないこと。油は固めて捨てる、油を拭きとってから洗うなどの工夫をしましょう。

浴室(お風呂場)の排水管に付く汚れ

浴室の排水管に付くおもな汚れとしては、髪の毛・皮脂汚れ・石鹸カス・カビの4つが挙げられます。

浴室の排水管に汚れがたまる一番の原因は、髪の毛の詰まりです。詰まった髪の毛には、皮脂汚れや石鹸カスが付着しやすくなり、その結果カビも繁殖してしまいます。

浴室の排水管の汚れ対策をするには、排水口にヘアキャッチャーをセットしましょう。排水管に流れる髪の毛を、定期的に捨てて軽く掃除するだけで清潔に保てます。

洗濯機の排水管に付く汚れ

洗濯機に関しては、普段から排水口や排水管のことを気にかけて、まめに掃除をしている方は少ないかもしれません。だからこそ、糸くず・ホコリ・洗剤カス・髪の毛などの汚れがたまりやすい場所でもあります。

洗濯機の排水管が詰まると逆流の原因となり、排水エラーが起こる可能性もゼロではありません。排水管の詰まりが原因で、洗濯パン(防水パン)が水浸しになることもあります。

排水管の洗浄方法

キッチンの排水管は油汚れが多い、浴室の排水管は髪の毛詰まりに注意、などのように排水管の汚れは場所に応じて
異なることが分かりました。つまり、
排水菅の洗浄は、その場所ごとに適した方法で行うことが大事です。

上記で挙げた、キッチン・浴室・洗濯機の3カ所に分けて、排水管の洗浄方法をご紹介します。

キッチンの排水管洗浄方法

キッチンの排水管を掃除する際は、まずフタやゴミ受けなど排水管の部品を取り外しましょう。
それから、お湯を一気に流してください。

お湯を流すことで、油汚れが溶けて掃除しやすくなるとともに、排水管にたまっていた汚れが水圧である程度流されます。

ただし、お湯があまり熱すぎると排水管を傷めてしまうので注意してください。お湯の温度は40~50度が適切です。

浴室の排水管洗浄方法

先述のとおり、浴室の排水管汚れのおもな原因は、髪の毛です。髪の毛はブラシで磨いても効果はあまりなく、水圧で無理やり流そうとしても、他の場所に引っかかる可能性があります。

そのため、浴室の排水管洗浄には、パイプクリーナーを使うのがおすすめです。パイプクリーナーを使うことで、髪の毛を溶かし、
周辺の汚れも落としやすくなるでしょう。

ただし、パイプクリーナーは強力な薬剤を使用しているため、取り扱い時には換気する・手袋をする・マスクを着けるなど、
健康被害が出ないよう注意してください。

洗濯機の排水管洗浄方法

洗濯機の排水管も、パイプクリーナーで洗浄しましょう。洗濯機の排水管を掃除する際は、水があふれてくる可能性があるので、
必ず洗濯機の電源を切り、水道の蛇口は閉めておいてください。

また、詰まりの原因はホースにもあるかもしれません。洗濯機の排水管と一緒にホースも洗浄しておくことをおすすめします。

日頃から、洗濯機の糸くずフィルターをこまめに掃除することも大切です。

排水管の洗浄はプロの業者に任せよう

「自分で洗浄しても、汚れや悪臭が解決しない」「自分で掃除を行うのは不安」とお悩みの場合は、プロの業者に任せましょう。プロの業者に依頼することで、多くのメリットがあります。

プロの業者だからできること

排水管の枝管(排水口のすぐ下の管)は日ごろの掃除で十分きれいになりますが、実は枝管の先の本管や排水マスも定期的な洗浄が必要です。排水マスや本管の洗浄は自力で行うことが難しいためプロの業者にお任せするのがおすすめです。

プロの業者は、使用する道具も違います。例えば、通常のご家庭にはないような高圧洗浄機を使い、排水管の枝管、排水マス、本管に付着した頑固な汚れも一気に洗い流すことが可能です。また、プロは汚れについて熟知しているため、汚れごとに最適な洗浄を行ってくれます。

プロの業者にお任せするメリットは?

プロにお任せする最大のメリットは、短時間で一気にきれいになることです。自分で排水管洗浄をしようと思ったら道具や薬剤の購入・排水管の分解・洗浄作業とやることがたくさんあり大変です。

その点、プロの業者に任せればすべてを引き受けてくれます。また、詰まりとは別の原因でトラブルが起こっていた場合、そのまま対処もお願いできるでしょう。

まとめ

排水管の汚れを放置しておくと、詰まりや悪臭が起こり、場所によっては逆流などの原因にもなります。
排水管は定期的に洗浄することが理想ではありますが、キッチン・浴室・洗濯機など、場所によって汚れの種類も異なるため、
素人では適した掃除方法がわからないこともあるでしょう。

排水管の汚れやトラブルにお困りの場合や、排水口の近くの枝管だけでなくその先の本管や排水マスもきれいに洗浄したい場合は、
お掃除のプロにハウスクリーニングを依頼することがおすすめです。

小田急くらしサポートでは、排水管や排水マスを高圧洗浄するパイプクリーニングも承っております。排水管の詰まりやニオイにお悩みの方は、
ぜひお気軽にご相談ください。



>小田急くらしサポートのハウスクリーニングサービス詳細はこちら

続けてお読みください

小田急くらしサポート 口コミ キッチン ハウスクリーニング vol.1