くらしのタスケ くらしのタスケ

ハウス
クリーニング

ハウスクリーニング

【キッチンクリーニングの作業の流れ】コンロ周りやシンクなどのしつこい汚れをしっかり洗浄!

コンロ周りのしつこい焦げ付きやしつこい油汚れ、シンク周りの落ちにくい水アカ汚れなどをキレイに洗浄するキッチンクリーニング。どういう順番で、どのような方法で洗浄していくのかを知っていただくために、小田急くらしサポートによる「キッチンクリーニング」の流れをご紹介します。

※キッチンの構造や設備、汚れの状況によって、作業手順・方法が変更になる可能性があります。

目次

キッチンクリーニングの作業の流れ(コンロ周り)

キッチンクリーニングの洗浄箇所は、コンロ周り、シンク周り、キッチン周辺棚の表面となっています。お皿や調理器具などの移動はお願いしておりますが、お客様がつねにクリーニング作業を確認する必要はありませんのでご安心ください。確認が必要な時にだけスタッフからお声がけをさせていただきます。

①ガスコンロのパーツを外す

ガスコンロの五徳や受け皿、排気カバー、ガラストップを外して、パーツ洗浄の準備をスタート。しつこい焦げ付きのある五徳などのパーツは洗剤につけ置きして汚れを落としやすくします。

②ガスコンロのパーツを洗浄

ガラストップに付着した油汚れや焦げ付きは、洗剤を使って丁寧に洗っていきます。洗剤につけておいた五徳などのパーツの焦げ付きもしっかり落としていきます。

③ガスコンロの隙間にあった汚れを落とす

普段のお掃除ではなかなかできない、ガラストップの隙間にこびりついている油汚れもヘラを使ってしっかりと削ぎ落としていきます。

④パーツを元通りにしてコンロ周りの洗浄は完了

ガラストップや五徳など、キレイになったパーツを元通りにすれば、コンロ周りの洗浄は完了です。

⑤キッチンの出窓や棚の汚れをキレイに

コンロ周りの油汚れは思っている以上に広がっています。コンロ上の出窓部分やキッチン棚に付着した油汚れもしっかり拭き掃除をします。

キッチンクリーニングの作業の流れ(シンク周り)

①シンクを洗浄

洗剤を使ってシンクの水アカや石鹸汚れなどを洗浄していきます。排水口にあるアミカゴや防臭器なども丁寧に洗浄します。

②水栓周りを洗浄

水栓周りも洗剤をつかってキレイに。シャワーヘッドなどにこびりついた水アカなども、ヘラを使って削ぎ落としていきます。

③水気をシンク周りの洗浄は完了

汚れをきちんと洗い流した後、シンク周りの水気を拭き取ったらクリーニング完了です。
キッチンクリーニングの作業時間の目安は1〜2時間です。

小田急くらしサポートの「キッチンクリーニング」

レンジフードクリーニングの作業の流れ

キッチンクリーニングと合わせてお掃除する方も多い「レンジフード(換気扇)クリーニング」。ご家庭ではなかなか掃除のしにくい「レンジフード(換気扇)クリーニング」の流れをご紹介します。

<p style="font-size: 12px;">※レンジフード・換気扇の構造や、汚れの状況によって、作業手順・方法が変更になる可能性があります。</p>

①汚れが広がらないように養生

レンジフードの洗浄を始める前に、油汚れの落下を防ぐためビニールを使って養生をします。

②レンジフードのパーツを取り外す

レンジフードのフィルター部分やファン、カバーなどのパーツは、個別で洗浄するために取り外します。

③パーツごとに洗浄

しつこい油汚れが付いているファンは洗剤でつけ置きして、汚れを浮かせてからブラッシングします。

レンジフードのフィルター部分は、油汚れ専用の洗剤を使って、しっかりとブラッシング。

④レンジフード内部を洗浄

キレイにしたパーツを元通りにして、試運転をして問題がなければレンジフードのクリーニングは完了です。レンジフードクリーニングの作業目安時間は1〜2時間です。

小田急くらしサポートの「レンジフードクリーニング」

続けてお読みください

掃除の仕方を基本から解説!家の中をキレイに掃除するコツや頻度は?