くらしのタスケ くらしのタスケ

家事代行

家事代行サービス

引越し後の新居の掃除・片付けを効率良く行うポイント

目次

引越し後の新居の掃除・片付けを効率良く行うポイント

引越ししたばかりの新しい物件は、事前にクリーニング業者によって掃除されていることが多いため、
念入りに掃除をする人は少ないかもしれません。
しかし、掃除されてから時間が経っていると、引越ししたばかりでもホコリがたまっていたり、
手が届きにくい場所が汚れていたりする可能性もあります。


今回は、引越し後の新居で気持ち良く新生活をスタートさせるために、効率的な掃除・片付けの方法
についてお伝えします。
さらに家事代行サービスに依頼するメリットについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

まずは新居の掃除から始めましょう

新居の掃除をする理由としては、2つあります。

1つ目の理由は、引越しのときに荷物を汚さないようにするためです。クリーニングされた部屋でも、
時間が経つとホコリはたまってしまいます。たとえ新築の部屋でも、実際に生活を始める前には掃除をしておきましょう。

2つ目の理由は、新居のキズや汚れなどを確認するためです。退去するときにトラブルを防ぐためにも、
入居前にチェックしておくことをおすすめします。

新居で掃除する場所

掃除する場所を事前にリストアップしておけば、引越し時期の忙しいときでも効率的に掃除ができます。
掃除しておきたい具体的な場所は、以下のとおりです。

キッチン

シンクの汚れや換気扇は、必ずチェックしておきましょう。この時に、換気扇用のフィルターを付けておくのもおすすめです。

浴室

バスタブは入居した日でも入れるように、洗剤を使用して掃除するのがおすすめです。排水口の汚れをチックし、
鏡があれば曇り止めを塗布しておくとよいでしょう。

トイレ

トイレは水がきちんと流れるかどうかの確認をし、床や便器についてホコリをふき取っておきます。
気になる場合は、便器の中も一度きれいにしておくと良いでしょう。

部屋の天井・床

天井や床は、家具などを設置する前に掃除しておきましょう。天井に照明器具があれば、
ホコリをふき取っておきます。床は天井からホコリが落ちるので、最後に掃除してください。

引越し後の片付けは順番が大事!

無事に引越しを終えたら、山積みの段ボールを早めに片付けましょう。ただし、順番を決めずに段ボールを開けてしまうと、
荷物が散乱してしまい、結局片付けに時間がかかるという事態になるかもしれません
事前に片付けの手順を確認しておきましょう。

大きめの家具や家電製品の位置は決めておく

まずは、大きめの家具と家電製品をすぐ配置できるようにしておきます。
他の荷物を片付けはじめると、大型家具を動かすことは大変です。
あらかじめ位置を決めておけば、引越し業者に依頼してもスムーズに進みます。

引越し前の内見のときに不動産業者に質問すれば、間取りなどを考慮して家具や家電製品の配置の
アドバイスをしてくれることもあるので、相談してみてください。

段ボールは荷物ごとに分ける

段ボールはすぐに開けずに、まず使う場所ごとに運びましょう。
引越し前に、どの部屋に置くか、中身は何が入っているのかを、段ボールに直接書いておくことがおすすめです。

まずはすぐに使うものから開ける

優先順位をつけて、引越し当日に使うものから開けていきましょう。
例えば、寝具・洗面用具(シャンプー・歯ブラシ・タオルなど)・服や下着・トイレットペーパー・ごみ袋・カーテンなどはすぐに
必要となります。

引越し後にすぐ使用するものは、大きめのエコバッグなどにまとめて入れておくとスムーズです。

荷解きをする際のポイント

新居で段ボールを開けるときのポイントをご紹介します。

段ボールを一度に開けすぎない

前述のとおり、目についた段ボールから手あたり次第開けると、部屋が散らかる原因となり、余計に時間がかかります。
まずは必要な場所に必要なものを運び、さらに必要と思われる順番に荷解きをするとよいでしょう。

荷解きは時間を決めてやること

引越し直後は手続きなども多く、なにかと忙しくなるものです。また、荷解きは荷造りと違い時間の制限がないため、
つい後回しにしてしまう方も多いでしょう。

しかし、いつまでも片付かないままでは、いざというときに荷物が見つからないなど面倒なことが増えてしまいます。
期限を決めて、着実に荷解きを進めることが大切です。

家事代行サービスを利用して効率良く引越しをしましょう

引越しはやることが多く、日々の仕事や家事と並行しているとあっという間に時間がなくなります。
新居の掃除もしたいのに時間が足りないというときには、プロの手を借りることもおすすめです。

家事代行サービスのメリットは、幅広い依頼ができること。引越し直後の掃除はもちろん、
段ボールから出した洋服や本の収納・片付けをお願いしてもいいですし、料理や掃除などの家事をお願いしてご自身が荷解きに専念する時間を捻出することもできます。

小田急くらしサポートでは、高度な研修を受けたスタッフが訪問いたしますので、掃除や片付けのアドバイスも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ハウスクリーニングがされている新居でも、クリーニングから時間が経っているとホコリがたまりやすく、
見えない汚れが付いていることもよくあります。

入居前にしっかりと掃除をすることが理想ですが、引越し時期は忙しいため時間が取れない人も多いでしょう。
そのような場合は、プロにお任せすることも検討してみてください。
プロの家事代行サービスに依頼することで、引越しを効率良く進めることができます。

続けてお読みください

片付けのコツを知って脱・汚部屋!片付けの流れやおすすめの片付け術をご紹介