くらしのタスケ くらしのタスケ

家事代行

家事代行サービス

つらい水仕事での手荒れ......原因や対策方法を解説します!

目次

手荒れは水仕事で起こる肌トラブルの一つです。

手に水や洗剤が触れると、皮膚の皮脂層が流されてしまい、皮脂層の下にある角膜層の細胞がはがれてしまいます。
角膜層の細胞がはがれた状態を手荒れといい、手荒れをケアせず放置すると、手湿疹になることもあるので注意しましょう。


特に冬場は、空気が乾燥するうえ、お湯を使用する機会が増えるため、手荒れがますます進行してしまいます。
手荒れを防ぐには、手から脂質と水分が失われないようにする必要があります。
手荒れにならないよう適切な対策をとり、肌を良い状態に保ちましょう。


この記事では、水仕事で手荒れが起こる原因と、手荒れを防ぐ方法について解説します。
手荒れで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

手荒れが起こる原因

水仕事をしているとなぜ手が荒れてしまうのでしょうか。

肌の表面は、皮脂と水分が混ざってできている皮脂膜で覆われており、
肌表面から水分が蒸発するのを防いでいます。皮脂膜は肌の潤いを保つ重要な役割を持っているのです。


水仕事や感染症対策の手洗い・消毒、冬場の乾燥などで皮脂膜が失われてしまうと、
皮脂膜の下にある角質層がむき出しになってしまいます。水分を豊富に含んだ角膜層には、
外部の刺激から肌を守る重要な役割があり、手荒れは角膜層が傷ついた状態をいいます。


また、手に付着した水が蒸発すると、角質層の水分も一緒に蒸発してしまうため、
手の水分の蒸発を防がなければ、より手荒れになりやすくなってしまいます。
したがって、水仕事は手荒れを引き起こす大きな要因であるといえるでしょう。

手荒れを放置すると「手湿疹」になることも!?

手荒れを放置すると、「手湿疹」にまで悪化することもあります。手湿疹になると、
かゆみが起こってしまい、患部を搔いてしまうことで炎症をさらに悪化させてしまう可能性も出てくるでしょう。


手が乾燥してカサカサしている程度であれば、市販の保湿剤やハンドクリームなどでも対応できます。
しかし、手湿疹は炎症なので、ハンドクリームなどを塗っても改善しません。


手荒れが手湿疹まで悪化した場合は、ステロイド軟膏を塗って症状を改善されるのが一般的ですが、
ステロイド軟膏でも症状が改善しない場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

手荒れを防ぐ対策方法

水仕事での手荒れを防ぐには、どのような方法があるのでしょうか。

ゴム手袋をして水洗いを行う

水仕事をする際、ゴム手袋を使用し直接水に触れないようにする方法があります。
ただし、ゴム手袋の内部は蒸れやすく不衛生になりがちなので、使用後は必ず干して
清潔に保つようにしましょう。


また、ぬるま湯で水洗いをしたり肌に優しい洗剤を選んだりするのも、手荒れを防ぐポイントです。

水仕事のあとはケアをしっかり行う

水仕事をしたあとは、清潔なタオルで水分をやさしく拭き取り、ハンドクリームを塗って
水分が蒸発するのを防ぎましょう。


ハンドクリームの効果が感じられない場合は、ハンドクリームの塗り方を見直すのも有効です。
適量のクリームを手に取り、手の甲と手のひらで伸ばしたあと、指を1本ずつ丁寧に保湿しましょう。
爪の周りや手首などにもしっかりクリームを伸ばすのがポイントです。


クリームを塗ったあとはビニール袋で保湿し、マッサージしてクリームを手になじませると、保湿効果がさらに期待できます。


肌への刺激を可能な限り減らし、水仕事のあとにしっかりと肌のケアをおこなうことが、手荒れを防ぐ重要なポイントです。自分に合った方法を探して、日頃から丁寧に手のケアを行い、手荒れを防ぎましょう。

手荒れがつらい時期は家事代行の利用がおすすめ

水仕事を続けていると、さまざまな対策をしていても手が荒れてしまうことがあります。
手荒れがつらい場合は、洗い物などを家族に代わってもらうのも良いですが、
家事代行に依頼するのもおすすめです。


小田急くらしサポートでは、水仕事を含めたあらゆる家事を専門のスタッフがお手伝いします。
1回だけの利用や、月に2回以上の定期利用など、ライフスタイルに合わせて柔軟に家事代行を依頼できます。


水仕事だけでなく料理や掃除などをまとめて家事のプロに任せて、荒れてしまった手のケアに専念してみては
いかがでしょうか。

まとめ

水仕事は手荒れになる原因の一つです。手荒れがひどくなると手湿疹になることもあるため、
日頃から手をケアして、手が荒れないように注意しましょう。


水仕事での手荒れを防ぐには、ゴム手袋を利用したり、刺激の少ない洗剤を使用したりする方法があります。
水仕事をしたあとにハンドクリームを塗って、手の水分が蒸発しないようにケアすることも大切です。


手荒れがひどくなった場合は、家族の協力を得たり、家事代行サービスを利用したりして、
しっかりと手のケアを行なうようにしましょう


小田急くらしサポートでは、洗濯や掃除、料理、買い物など、さまざまな家事をプロのスタッフが丁寧に行います。
初めて家事代行サービスを利用する方向けにお得なお試しプランもあるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

家事代行サービスの詳細はこちら↓↓

https://www.odakyu.jp/kurashisupport/housework/

続けてお読みください

片付けのコツを知って脱・汚部屋!片付けの流れやおすすめの片付け術をご紹介